社会福祉法人 下伊那社会福祉会|高森荘|障害者支援施設|長野県下伊那郡高森町|

  • 利用者と共に・職員と共に・地域と共に
qrcode.png
http://achion.com/takamorisoh/
モバイルサイトにアクセス!
高森荘
〒399-3101
長野県下伊那郡高森町山吹4473-1
TEL.0265-35-6811
FAX.0265-35-6812
 
松川事業所
〒399-3303
長野県下伊那郡松川町元大島3000-2
TEL&FAX.0265-36-5707
 
   
高森荘では、施設に入所する方々に、入浴、排せつ及び食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を行うとともに、施設入所支援以外の施設障害福祉サービス(生活介護)を行います。身体能力の機能低下を防ぎ安心かつ充実した生活を送れるよう、生産活動と医療的支援、介護等のサービスを提供します。
   
 
 
 

高森荘からのお知らせ

高森荘からのお知らせ
  2018-08-01 8月の予定
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
音で愉しむコンサートWithほっとらいん
2018-06-01
6月1日に「音で愉しむコンサートWithほっとらいん」を食堂で開きました。
今回はよし笛&コカリナ+ギターのユニット「ほっとらいん」を滋賀県からお招きし、地元からはコカリナグループの「森のなかま」の2つの外部の方たちをお招きし、一緒に音を愉しむコンサートにできました。
馴染みのある曲が「ほっとらいん」さんの素晴らしい演奏に乗って流れてくると自然と体が動き、口からは歌声が出始めます。また、「森のなかま」さんの音域の広い演奏は心を温かくしてくれました。「ほっとらいん」さん、「森のなかま」さん、職員のボカリナグループ「のいーず」の合同伴奏による「故郷」「はばたこうよ あの空へ」はこのコンサートの趣旨のそれぞれみんなが愉しむコンサートを実現できた場面でした。
また、ほっとらいんさんの伴奏で職員が取り組んだ混成3部合唱「海の声」は、とても素敵な作品となり、職員のまとまりの素晴らしさも見ることができました。
利用者さんからも「とてもよかった」「温かいコンサートだった」「今回だけではなく何回でも来てほしい人たちだ」というように、喜びの声をたくさんいただきました。「故郷」などの歌を歌いながら、手話に取り組む利用者さんの姿も印象的でした」。
皆で作る事を目的に始めたこの「音で愉しむコンサート」がこうした形で発展出来てとても嬉しく感じられる一日でした。これからも楽しくやっていきましょう。

 
 
音で愉しむコンサートVOL4
2018-05-25
5月25日に「音で愉しむコンサート4」を食堂で開きました。
このコンサートも4回目となり、コンサート自体を愉しむ雰囲気も感じられてきました。
今日はキーボードの伴奏が出来なかったので、使用楽器も工夫しました。まず「茶摘み」「こいのぼり」をリコーダーで伴奏を入れ、今回買い揃えた小楽器のカスタネットを加えた伴奏隊で対応しました。片手でも演奏できるカスタネットは人気ですし、新しい音が入ってよかったです。
5月の季節の音楽は端午の節句に合わせて「金太郎」「浦島太郎」「桃太郎」という男の子が元気に健やかに育つようにとの歌を歌いました。伴奏はお祭りに使う「小太鼓」のみに、先ほどの小楽器のみ曲の雰囲気にも合い、最高の伴奏でした。
次は前回のギター独奏と同様に個々の楽器の音色を愉しんでもらおうと、今回はアルトサックスによるソロ演奏を楽しみました。曲目は「川の流れのように」。サックスの音色がとても素敵でした。
最後は、今度の6月1日のコンサートで歌う「はばたこうよ あの空へ」をみんなで合唱しました。
回を重ねるごとにこのコンサートを楽しむ利用者さんの表情を拝見出来る事がとても楽しみですし、とても素敵です。参加人員も増えて来て、会場の食堂もいっぱいです。
 
 
花の定植
2018-05-21
5月21日から毎年恒例の【花の定植】を行いました。
今年も5月後半の清々しい空と心地よい風のもと沢山の花を植える事が出ました。
何よりも植えている皆さんの笑顔が花々しかった。
今年の夏もたくさんの花が私たちの目を楽しませてくれそうです。
 
1年の中で生産活動が一番忙しい時期です
2018-04-26
当園は、開設時「身体障害者授産施設」という形態で出発しましたが、現在は「障害者支援施設」に移行し、活動を継続しております。その名残もあり、現在でも生活介護(生産活動)を継続して行っております。
新年度が始まり、ゴールデンウィークまでの期間は一年の中で一番に仕事の受注量が多くなる時期でもあります。いわゆる活気のある時期とも言えます。
今年もとても忙しい状態ですが、その受注量は例年に比して、多くなっています。
何らかの障害を有し、作業に取り組み、売れる製品を作ることは本当に大変な事と思いますが、皆さん頑張っています。利用者の方たちも一生懸命に作業に取り組みますが、どうしても納品に間に合わない時は、職員も一緒になって手伝い、納期に間に合わせます。受注している仕事と利用者さん個々の能力をマッチングさせてより、充実した生産活動が更に出来るように努力して行きたいものです。
 
 
音で愉しむコンサート Vol3
2018-04-24
4月24日に「音で愉しむコンサート3」を食堂で開きました。
このコンサートも3回目となり、利用者さんも職員もだんだんにその雰囲気にも慣れ、コンサート自体を愉しむ雰囲気も感じられてきました。
まずソプラノ、バリトンの2種のコカリナで「母さんの歌」「五木の子守歌」を演奏し、コンサートを始めました。
今回のコンサートでは利用者さんから、季節に合わせて「さくらさくら」をというリクエストがあったので、大正琴と篠笛という「和」の楽器を用いて演奏し、雰囲気作りもしました。また、個々の楽器の音色を愉しんでもらおうと今まで伴奏のみに使っていたギターで、「禁じられた遊び」「歓びの歌」「大きな古時計」などの曲をソロ演奏しました。季節の歌は「花」「早春賦」を歌いました。また、前回まで鈴などの小楽器は自由に鳴らしていただきましたが、今回は、曲やリズムに合わせて鳴らしていただきました。とても上手に出来ました。
利用者さんが自分の声で歌ったり、鈴などを鳴らしたり、歌や演奏を聴いたりしながら、愉しんで参加されている姿がとても素敵でした。職員も一緒に愉しんでいます。
 
<<高森荘>> 〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹4473-1 TEL:0265-35-6811 FAX:0265-35-6812